おばさん体型は「代謝」が原因!これが内臓脂肪を減らす方法

ダイエットをしていても、「若い頃とは」違うと実感する30代、40代の人もいることでしょう。女性の身体は妊娠や出産などで大きく変化します。妊娠で太ったまま、元に戻らないこともあります。対して、何もしていないのに痩せている女性もいます。大きく何が違うんでしょうか。

代謝が悪くなってくることで、30代や40代のダイエットが難しくなってきます。それは女性の体質が問題です。太ったままの体を痩せ体質にしてあげることが必要で、脂肪を燃焼させやすくすることで、内臓脂肪も燃焼しやすくなってきます。

運動習慣がなくなると痩せにくくなりますが、それ以上に基礎代謝量が関係してきます。同じ人でも、基礎代謝が悪い人は痩せにくくなります。

代謝をアップさせるにはどうすればいいかというと、大きく

・朝ごはんを食べる、血行を良くする
・有酸素運動を取り入れる
・適度に体を動かして筋肉を増やす

ことが大切です。

体が飢餓状態だと、体温が低くなります。そのため、朝ごはんは必須。ヨーグルトでもフルーツでも何かを食べた方がいいです。そして冷え症だったり低体温症だと免疫力も低くなるので、しっかり温めて。冬の時期は湯たんぽを使ったり、夏でも冷房が強い場所にいるのなら腹まきをするようにします。

そして筋肉量が少ない人は、同じ運動をしても脂肪の燃焼ができなくなります。とは言っても、最初からジムに行って鍛えると3日坊主になってしまいがちですから、まずはストレッチをするようにしてください。子育て中で時間が取れなくてもDVDでやってみることもできます。ラジオ体操もストレッチになります。毎朝のテレビやラジオでラジオ体操が流れているので、できるだけ体を動かしてみることで、代謝がアップします。

ウォーキング、サイクリングしたりするのも有酸素運動。できるだけ体を動かすとカロリー燃焼、脂肪燃焼につながります。

ごはんとして取り入れる食品も、インスタント食品よりかは和食中心に。納豆や醤油・塩こうじなどの発酵食品、ヨーグルトなど菌類を増やすと、腸内細菌が増えて痩せやすい体質になります。

内臓脂肪を減らすために、基礎代謝をアップさせることは免疫力アップもできて、風邪などの病気も予防できるいい方法。地道ですが、毎日やって、痩せ体質を手に入れたいですね!

内臓脂肪が多い人は?痩せている人でも隠れ肥満に!?

「内臓脂肪」の言葉を聞いて、「私は関係ない」と思っている人、もしかすると間違いかもしれません。その理由は、痩せている人も「隠れ肥満」が多くなっているからです。

お腹の肉が掴めることで、なんとなく自分が太っているのか痩せているのかがわかります。ジーンズのウエストがきつくなって、ダイエットしなきゃと自覚したりします。ただ内臓脂肪は目に見えてはそこまでわかりません。そのため痩せている人も油断大敵です。インスタント食品、肉などを食べる環境だと内臓脂肪が増えていきます。インスタント食品などはカロリーが高い製品が多いので、食べると太り、自然と内臓脂肪も増えていくことが多いものの、太りにくい体質の人は太らずに内臓脂肪だけが増えていくことだってあります。まずは、体脂肪計で体脂肪をはかって、内臓脂肪のレベルを数値化して自分はどれだけなのかを判断することが必要です。

体脂肪率や内臓脂肪は、体重計に表示されることが多くなってきています。骨密度、身体年齢が表示されることもあります。いつもは見落としていた体脂肪率、内臓脂肪のレベルをチェックしてみてください。

内臓脂肪レベルの標準は、9以下だと心配なし。そして10~14だと「適度な運動を心がけて、カロリー制限を行」う必要があり、15以上だと「積極的な運動や食事制限による減量」が必要です。どうでしょうか。あてはまっているでしょうか。

そして、内臓脂肪のレベルは、年代によって平均値が変わります。女性だと、20代は内臓脂肪レベルは3、30代は5、40代4。3~5の範囲でおさまっていると平均値。1、2などの痩せすぎも問題で、女性だと妊娠するためには適度な肉づきも必要と言われるので、平均で維持するのも難しい問題です。

体脂肪率は男性なら10%以下が理想的。女性なら22~23%以下が理想的と言われていて、内臓脂肪のレベルと同じくチェックしておきたい点。知らない間に脂肪が「内臓についていて」痩せにくい体になっていることもありえます。

しょうがダイエットで痩せ体質! 100円で内臓脂肪を減らせる!?

過去にテレビで放送されて、一般的になった「しょうがダイエット」は100円でできるダイエット方法なのだとか。その理由は、100円均一にも売っているすりおろししょうがのチューブを使えば簡単にできるから。しょうがは塊でも売っていますが、それだとおろし金が必要です。すりおろす手間を考えると、おろししょうがはチューブを買うのが一番効率的。1本を使いきる頃には痩せているかも……。

生姜は、実は漢方薬にも使われています。ショウキョウと呼ばれる成分で、大手薬メーカーのタケダからも漢方薬として 「体を温め、新陳代謝機能を高める作用」を持つショウガは、発汗作用があるので冷え症の対策にばっちり。それ以外にも、夜尿症、坐骨神経痛、風邪や胃弱の人の妊娠中むくみにも効果があると言われています。

このしょうが、ダイエットに効果的です。冷えは万病の素とも言われますが、冷えている人は脂肪を”燃焼”させにくい体質になってしまうため、痩せにくいです。冷え症の人はまずは体を温めることからダイエットをはじめる人もいます。冬の時期には、風邪の薬にもなるので、摂取しておくと健康体でいられる効果もあります。

しょうがのデメリットは、ピリっとしたスパイシーな味わいでしょうか。この味はクセになる人もいれば、逆に苦手な人もいます。慣れてしまうといいのですが、最初は抵抗があるかもしれません。

ジンジャークッキーやしょうが紅茶のように、おやつ、飲み物として飲んでいくと比較的抵抗がなく摂取できます。インドの「チャイ」は甘さのあるミルクティーにしょうがやスパイスを入れたもので、割と苦手な人は少ないです。チャイはスターバックスなどでもチャイティーラテとして売っていますね。あとは、炊き込みご飯やみそ汁に、しょうが焼きのように肉と合わせるのもいいです。最初は少量からはじめてみて、毎日続けます。とりあえずチューブを1本使い切ることを目標にしてみましょう。

冷え症改善になり、結果として痩せやすい体質づくりができるのが、しょうがの魅力。すりおろす手間のないチューブを使う方法は、安上がりで画期的です。

真実の体験記 ビフィーナで内臓脂肪が減る!?

乳酸菌で体脂肪を下げることが本当にできるものなのでしょうか。20代後半を過ぎてから代謝が悪くなってしまうもの。女性は、妊娠や出産も経ることで、便秘がちになってしまうとダイエットがうまくいかない状態になってしまいます。

スーパーではたくさんのヨーグルトが売っています。おいしそうなものを1個ずつ買って食べるのもいいですね。シリアルが別の容器に入っていて乗せることができるもの、ギリシャヨーグルトのような水分少なめ、角切りりんごが入っているもの、4個パックのもの、花粉症に効果的と言われているもの、色んな種類があります。

ただ、これだとスイーツとして楽しんじゃっていて、ヨーグルト菌が自分の体質に合っているのかわからないままのことも。砂糖も入っているので、結局はダイエットになっていないことがあります。

14日間チャレンジ、とCMでは言っています。同じヨーグルトを食べ続けて、体質にヨーグルト菌が合っているかを確かめ、砂糖は使わない。守らなくてはいけないルールが多すぎです。

その時、サプリメントで便秘改善できると楽だと聞いて、調べてみたのがビフィーナです。サプリメントのビフィーナで内臓脂肪が減ると聞き、詳しいサイトを見て調べています。

アラサー主婦、アラフォー主婦、アラフィフ主婦の体験談があります。実は、体験記も全ていいことだけ書いてあると猜疑心が強いのか「本当?」なんて思ってしまうものの、アラフィフ主婦の「ビフィーナは効かない!」のレポがあったりして、2日に1度しか出ない人の例です。途中、便秘改善されてよかったものの、最後はまたでなくなってしまうレポです。私も便秘で悩んだからこそ知っています。ヨーグルトの菌も何種類もあって、自分に合うか合わないかって。そのため、このサイトは全て褒めちぎっている内容じゃなかったからこそ、そうなんだ、と納得できました。

ビフィーナは1993年の発売からシェアNo.1で、1000万個を突破したそうです。ビフィーナR、ビフィーナS、ビフィーナEXの3種類あって、菌の多さも3種類。最安値のサイトも紹介されています。